ツイッターのドーシーCEO:独立の維持が強み-買収観測を払拭 – ブルームバーグ



米ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は13日、独立を維持していることがツイッターの「強み」だと述べ、同社が再び買収ターゲットになるとの思惑を払拭(ふっしょく)した。

  ドーシー氏はサンフランシスコで開催された「ゴールドマン・サックス・テクノロジー・アンド・インターネット・コンファレンス」で、「われわれが独立を保っていることに多くの強みがある。全ての端末、全ての媒体を通じて取り組めるからだ」と発言。ツイッターは特定のプラットフォームによる制約を受けないと述べた。

  ツイッター株は先月、買収観測で急伸する場面があった。BTIGのアナリスト、リチャード・グリーンフィールド氏は1月の投資家向けリポートで、ツイッターが年内に買収されると予測。独立を維持するには同社の価値は大きくなり過ぎたと指摘した。ツイッター買収の可能性に関する報道が流れ始めたのは2016年。買い手候補としてウォルト・ディズニーやグーグル親会社アルファベットなどが挙げられていた。

  同社株は13日、8.1%高で取引を終えた。

原題:Jack Dorsey Says There’s Value in Twitter Remaining Independent(抜粋)



Related Post