“8時間が1秒以下に” kintoneによる三浦市の農業改革第2弾



kintoneが手作業の事務作業を開放

2018年02月15日 18時00分更新

文● 天野透/ASCII

 サイボウズと三浦市農業協同組合は2月14日、「三浦市農協配車システム(仮)」を2018年4月より運用開始すると発表した。三浦市における農業のIT化推進連携の第二弾。

 翌日出荷予定の農産物の配送先(市場)と数量の割り当て、配車作業をkintoneで自動処理。これらの作業は従来、各農家からの出荷情報を事業所がとりまとめ、農協が手作業でおよそ50の市場への出荷物の品目・数量などの振り分けプランを作成していた。そのため1日8時間の作業時間を要していたが、kintoneによる自動処理で、同じ作業がわずか1秒以内に短縮されるという。

 サイボウズと三浦市農協は、同市農家の収益安定化を目的とした農業のIT化推進で、2017年5月より連携開始。市内およそ80%の農家が採用するkintoneベースの有線放送代替システム「アグリコネクト三浦」を運用している。

■関連サイト



カテゴリートップへ




Related Post