ASUS,Androidスマートフォン「ZenFone Max Plus (M1)」を2月17日発売。Maxシリーズ初となるアスペクト比9:18の縦長液晶パネルを搭載 – 4Gamer.net




 2018年2月15日,ASUSTeK Computerの日本法人であるASUS JAPANは,Androidスマートフォンの新製品「ZenFone Max Plus (M1)」(ゼンフォン マックス プラス エムワン,型番:ZB570TL)を2月17日に発売すると発表した。内蔵した大容量バッテリーをモバイルバッテリーとしてもZenFone Maxシリーズでは初めての,5.7インチサイズで解像度1080×2160ドット,アスペクト比9:18という縦長液晶パネルを採用したのが特徴だ。
 税別のメーカー想定売価は2万9800円なので,単純計算した税込価格は3万2184円となる。

ZenFone Max Plus (M1)。カラーバリエーションは左からアズールシルバー,サンライトゴールド,ディープシーブラックの3色展開
Zen
本体前面は液晶パネルが広く占有していて,上部にインカメラとスピーカーがある程度だ(左)。背面にはデュアルレンズのアウトカメラがあり,中央やや上に指紋認証センサーを備える定番のレイアウト(右)
Zen Zen

 スペックを見ると,搭載SoC(System-on-a-Chip)は,MediaTek製のミドルクラス市場向け「MT6750T」となっているので,ゲーマーが積極的に選ぶような製品ではなさそうだ。

●ZenFone Max Plus (M1)の主なスペック

  • メーカー:ASUSTeK Computer
  • OS:Android 7.0(Nougat)
  • ディスプレイパネル:5.7インチIPS液晶,解像度1080×2160ドット,アスペクト比9:18
  • プロセッサ:MediaTek製「MT6750T」(CPUコア Cortex-A53×8,最大動作クロック1.5GHz,GPUコア Mali-T860 MP2)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵32GB+microSDXC(最大容量未公開)
  • アウトカメラ:有効画素数約1600万画素+約800万画素
  • フロントカメラ:有効画素数約800万画素
  • SIM:nanoSIM×2(デュアルSIMデュアルスタンバイ対応)
  • 対応LTEバンド:FDD LTE Band 1/3/5/7/8/18/19/26/28,TD-LTE 38/41
  • 対応3Gバンド:W-CDMA Band 1/5/6/8/19
  • バッテリー容量:4130mAh
  • 最大待受時間:約410時間(LTE時),約683時間(3G時)
  • 最大連続通話時間:約2700分(LTE時),約1800分(3G時)
  • 無線LAN対応:IEEE802.11n(5GHz帯非対応)
  • Bluetooth:4.0
  • USBポート:2.0 Type-C
  • 本体公称サイズ:73mm×152.6mm×8.8mm
  • 本体公称重量:160g
  • 本体カラー:アズールシルバー,サンライトゴールド,ディープシーブラック

#### 以下,リリースより ####

【ASUS新製品情報】ZenFoneシリーズ初の18:9フルビューディスプレイを搭載した「ZenFone Max Plus (M1)」を発表

ASUS JAPAN株式会社は本日、ZenFoneシリーズ初のアスペクト比18:9のフルビューディスプレイ、迫力の5.7型フルHD+ワイド液晶搭載で、コンパクトな本体サイズに対する画面占有率を79.8%まで拡大し大画面に驚異のスタミナを搭載したSIMフリースマートフォン「ZenFone Max Plus (M1)」(ゼンフォン マックス プラス エムワン)計3色 (ディープシーブラック、アズールシルバー、サンライトゴールド)を発表いたします。

大容量4,130mAhの超・ロングバッテリーを搭載することで、連続待受時間最大約28日間※1を実現しました。1日中外出している時でもバッテリー残量を気にせず、安心してお使いいただけます。余裕のある4GBメモリに、CPUはオクタコアのMediaTek MT6750Tを搭載し、毎日のエンターテイメントを快適に楽しめます。

背面にはZenFone 4シリーズから採用し、人気を博したデュアルレンズカメラを搭載しました。美しく、高画質の写真が撮影できる1,300万画素のメインカメラと、ボタン一つで切り替え可能で通常の約2倍ワイドに撮影できる120°の広角レンズセカンドカメラでは、広大な景色や大人数での記念撮影も1枚に収めることができます。

従来の指紋認証に加えて、ZenFoneシリーズ初となるインカメラでの顔認証にも対応し、より安全・快適となった「ZenFone Max Plus (M1)」は、本日より予約を開始し、2月17日(土)より順次販売開始予定です。また、別売りの純正アクセサリーとして、本体背面を保護する専用ケース「Clear Soft Bumper」と、本体の両面を保護し、ケース内側にカードが1枚収納可能な「Flip Cover」(カラー:グレー)も、本体と同日の2月17日(土)より発売予定です。

□発表製品

Zen

●製品名:ZenFone Max Plus (M1)
●ディスプレイ:5.7型
●型番(カラー):

  • ZB570TL-BK32S4 (ディープシーブラック)
  • ZB570TL-GD32S4 (サンライトゴールド)
  • ZB570TL-SL32S4 (アズールシルバー)

●発売予定日:2018年2月17日(土)
●価格:オープン価格(希望小売価格:29,800円(税別))

製品仕様

Zen

●製品名:Clear Soft Bumper
●型番:90AC02S0-BCS001
●発売予定日:2018年2月17日(土)
●価格:オープン価格(希望小売価格:980円(税別))

Zen
Zen

●製品名:Flip Cover
●型番(カラー):90AC02W0-BCV001(グレー)
●発売予定日:2018年2月17日(土)
●価格:オープン価格(希望小売価格:2,980円(税別))

■主な特徴
・アスペクト比18:9のフルビューディスプレイ搭載で、迫力の大画面
5.2型クラスの本体サイズに、5.7型でアスペクト比18:9の大画面縦型液晶を採用したことで、画面占有率を79.8%まで拡大しました。高精細なフルHD+(2,160×1,080ドット)解像度で迫力ある映画やドラマ、ゲーム、アプリなどを楽しむことができながら、片手で持ちやすいコンパクトさを兼ね備えます。

・1日中外出も安心な超・ロングバッテリー搭載
本体の薄さ約8.8mm、軽さ約160gの薄型軽量な本体に、大容量4,130mAhのバッテリーを搭載しています。連続待受時間最大約28日間※1 、Webのブラウジングは約20時間※2 に、連続通話時間約45時間※3と、充電を気にする必要がありません。また付属のOTGケーブルを利用すれば、いざというときに本体のバッテリーをモバイルバッテリーのように利用することが可能な「リバースチャージ機能」により、他のスマートフォンはもちろん、タブレットやモバイルルーターなどの電子機器を充電することができます。

・約2倍ワイドに撮れる広角レンズカメラ搭載
背面に搭載のデュアルレンズカメラには、高画質1,600万画素のメインカメラと、通常の約2倍ワイドに撮影できる120°の広角レンズカメラを採用しています。カメラや被写体の位置を変えずに、ボタン一つでアングルを切り替えることで印象の違う1枚が撮影できるほか、カメラアプリに搭載のフィルタや細かな設定を手動で変更できるProモードを活用すれば、写真を撮る楽しみがさらに広がります。

・指紋認証機能と顔認証機能でより安全・快適にZenFoneを管理
背面に搭載した指紋センサーは、360°どの角度からも認識が可能で、0.3秒で認証が完了します。新たに搭載となった顔認証機能を組み合わせることで、手袋をしているときなど、指紋を認証できないときでもストレスなく、より安全・快適に端末のロック解除が行えます。

・2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使用可能
2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使用できるトリプルカードスロットを搭載しています。2つの番号を同時待受けできるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応し、SIMの使い分けとデータ容量の追加が両立できます。

・高品質な通話ができるVoLTEに対応
Y!mobileのVoLTEに対応し、同じ通信事業者同士のVoLTE対応端末では通常より高音質での通話が可能になります。

・進化を続けるZenUI 4.0
最新のZenUI 4.0では、スクリーンショットの拡張機能として複数ページを1枚に保存できる「ロングスクリーンショット」機能を新たに搭載しました。インターネットのコンテンツをさらに見やすく、より便利に閲覧、情報収集・共有を簡単に行える「ページマーカー」や、対応のSNSアプリを複製して異なるアカウントで利用できるようにする機能「ツインアプリ」、緊急時に電源ボタンを3回押すと家族などの登録電話番号にSOSメッセージや現在地情報を送れる「ZenUIセーフガード」などの便利な機能もお使いいただけます。

※1:3Gでの計測
※2:Wi-Fi接続時
※3:4Gでの計測



Related Post