IoT端末にセキュアICチップを組み込んで保護するセキュリティサービスを開発 – @IT MONOist



 マクニカは2017年5月9日、IoT(モノのインターネット)のセキュリティサービス開発で凸版印刷と協業することを発表した。今後両社は、IoT端末にセキュアICチップを組み込み、データの盗聴や改ざん、ソフトウェアの不正な書き換えなどを防止するセキュリティソリューションを開発し、2017年度内の提供を目指す。

 新たに開発するセキュリティソリューションでは、IoT端末の開発・検証用環境として、セキュアICチップと最新の半導体製品を搭載したハードウェアプラットフォームを提供する。セキュアICチップには秘密鍵や証明書を安全に格納できるため、IoT端末を強固なセキュリティで保護する。また、鍵管理サーバから遠隔でIoT端末用の鍵生成・削除・更新も行える。市場流通後も遠隔コントロールが可能なため、突発的なセキュリティ・インシデントにも対応できる。

 同ソリューションの開発・提供においては、セキュアICチップを組み込んだIoT端末と検証用環境の開発・製造・販売をマクニカが担当する。凸版印刷は、無線通信によるセキュアICチップへのアプリケーションや鍵情報の配信サービスを提供する。



マクニカのIoTセキュリティソリューションの概要
マクニカのIoTセキュリティソリューションの概要(クリックで拡大) 出典:マクニカ

Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Related Post