画面を見ずに使える新提案、NECが「ヒアラブルデバイス」を試作




モーションセンサーを内蔵し、顔の向きと音声で操作するUI

2017年05月23日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

ヒアラブルデバイス、実証実験用プロトタイプ

 NECは5月23日、音響ウェアラブルデバイス「ヒアラブルデバイス」実証実験用プロトタイプを開発したと発表した。

 イヤフォン型のデバイスで、スピーカーとマイクに加えて9軸モーションセンサー(加速度、ジャイロ、地磁気)を内蔵している。顔の向きや移動情報などを常時検出するため、GPSの電波が届かない屋内や地下でも、ユーザー位置を特定できる。耳は手首や首などと比べて振動や騒音に起因する誤差が少ない。また脈波などと組み合わせた応用も検討しているようだ。

 Bluetooth LEでスマホなどと接続し、ハンズフリーかつ視覚情報に頼らない音響を用いたユーザーインターフェースを実証実験する。

 耳内の音響特性を使って個人を識別する「耳音響認証技術」も取り入れている。ヒアラブルデバイスでは耳音響認証も併用しつつ、さまざまな音声ナビゲーションによる音響ベースのウェアラブルデバイスとしての可能性を検討する。

■関連サイト



カテゴリートップへ



Related Post