AppleとNokia、特許訴訟で和解──複数年のライセンス契約締結



NokiaがAppleを特許侵害で提訴し、AppleはNokiaのヘルスケア製品をオンラインストアから排除していた争いに決着がついた。NokiaはAppleからライセンス料を受けてネットワーク製品を提供し、Appleは排除していたNokia製品の販売を再開する。

 米AppleとフィンランドNokiaは5月23日(現地時間)、知的財産権係争に関するすべての訴訟で和解し、複数年にわたる特許ライセンスを締結したと発表した。

 nokia 1

 NokiaはAppleからライセンス料を受け、ネットワークインフラ製品およびサービスを提供する。一方Appleは、Nokiaのデジタルヘルス製品のAppleのオンラインストアおよび実店舗での販売を再開する。

 両社はデジタルヘルス分野での今後の協業を視野に、幹部同士の会合を定期的に持つ計画。

 今回の争いは、まずAppleが昨年12月20日、いわゆるパテントトロールのAcacia Research Corporation他9社を、Nokiaと共謀してAppleや他のスマートフォンサプライヤーから不当な収益を得ているとして提訴したことで始まった。Nokiaは翌日、AppleがNokiaの32件の特許を侵害したとしてAppleをドイツと米国で提訴した。Appleは直後にNokiaを自社のオンラインストアからNokia傘下の仏Withingsの一連のヘルスケア製品を削除した。

 nokia 2
Nokiaのデジタルヘルス製品

 和解の詳細は公表されていないが、NokiaはAppleから前払金を受け取ることは発表された。

Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Related Post