TBS、日経、テレ東、WOWOWなど6社、有料動画配信に向け新会社設立で合意(ニュース)



 東京放送ホールディングス(TBSHD)、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス(TXHD)、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズ(博報堂DYMP)は2017年5月23日、有料の動画配信サービスなどを主たる事業とする新会社「株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」(仮称)を共同で設立することに合意したと発表した。

 共同出資会社の設立により、TBSHD、日経、TXHDおよびWOWOWが設立と運営を主導しつつ、電通と博報堂DYMPを加えたメディアグループ6社が力を結集し、新しいスタイルの視聴体験を提供していく。それぞれ独自の個性を持つメディアグループが協業することで、より魅力的な動画配信サービスを視聴者に提供できると判断したという。

 新会社の設立は 2017年7月3日を予定する。資本金などの額は、資本金が40億円、資本準備金が40億の合計80億円の予定。株主構成と出資比率は、TBSHDが31.5%、日本経済新聞社が16.6%、TXHDが14.9%、WOWOW:14.9%、電通が14.8%、博報堂DYMPが7.3%。

図1●新会社の概要

(出所:発表資料、以下同)

[画像のクリックで拡大表示]

 スケジュールは、2017年秋以降をめどにプレサービスを開始し、2018年4月のサービス開始を予定する。新たな動画配信事業の展開にあたり、新会社は動画配信などに関するサービスプラットフォームを構築、様々なIPインフラを利用し、これまでの動画配信サービスの枠にとどまらない新たな形態のサービスを視聴者に提供していく。

 新会社は、「視聴者に信頼される選りすぐりの優良コンテンツの提供」「株主各社の特色を生かしたコンテンツを随時更新(ドラマ・バラエティ・スポーツ・音楽ライブ・経済報道など)」に加えて、「視聴者層の拡大を狙ったオリジナルコンテンツの共同制作を含む制作・配信(放送番組のスピンオフ企画など)」を展開する。また、「BSの4K放送に先駆けて4Kコンテンツを配信」したり、「AIなどの最先端技術を活用」「他の放送会社など様々なコンテンツホルダーからも幅広く番組を調達」を予定する。

図2●新会社の機能とサービスのイメージ

[画像のクリックで拡大表示]

[発表資料(PDFファイル)へ]



Related Post