日立、業績成長に期待できるが「Lumadaが物足りない」(2016年度決算、辛口通信簿)



 ITサービス大手4社の2017年3月期通期(2016年4月~2017年3月)の連結決算が出そろった。中央省庁向けの大型案件や欧州子会社が好調だったNTTデータだけが増収。日立製作所、富士通は減収だったが、営業利益率を伸ばした。NECは宇宙事業で発生した不採算やパブリックセグメントの反動減などで大幅減益だった。

大手ITベンダー4社の2017年3月期通期決算

[画像のクリックで拡大表示]

 各社は営業利益率の改善と海外事業の成長を目指している。これまでに上調査会社や証券会社のアナリストへの取材を基に、各社が目的を達成するための課題についてまとめてきた。

 今回は2017年3月期通期の決算発表を基に、2017年3月期の業績と2018年3月期への期待値、課題への取り組みがどの程度進んでいるのかを評価する。第1回目は日立製作所だ。



Related Post