Facebook、毎月5万4000件近いリベンジポルノ・性的脅迫に対処か – CNET Japan



 世界最大のソーシャルネットワークであるFacebookにとって、リベンジポルノや「セクストーション(性的脅迫)」を目的としたコンテンツへの対処は非常に負担の大きい仕事だ。

 どれくらい大きな負担かと言えば、Facebookが対処しているこの種の不適切な性的コンテンツの数は、毎月5万4000件近くにのぼるという。英メディアのThe Guardianが現地時間5月22日に報じた。


 この数は、ポルノの根絶を目指すFacebookが直面している問題がいかに大きいかを示すものだ。とはいえ、10億以上のユーザーが毎日ログオンしていることを考えれば、驚くほどの数ではない。同社は今も、こうした投稿を見つけ出すための従業員を雇っているが、投稿される写真の数は圧倒的に多いのが現状だ。そこで同社は、その手のコンテンツを排除するため、「画像マッチング」ソフトウェアのような技術を利用していると、The Guardianの取材に対して語っている。

 Facebookでグローバルポリシー管理責任者を務めるMonika Bickert氏は、「Facebookユーザーの安全を守ることは、われわれが取り組むべき最も重要な事柄だ。われわれは、Facebookの安全をできる限り守りながら、言論の自由を確保すべく懸命に取り組んでいる」とコメントした。

 Facebookは以前、今いる4500人の従業員に加えて、サイト監視のために3000人の従業員を雇うと述べていた。



Facebook
Facebookはリベンジポルノなどの深刻な問題を抱えている。
提供:Jaap Arriens, NurPhoto via Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Related Post