PLCや産業機器からのデータ収集が容易に、工場のスマート化を支援するソリューション – TechFactory



セゾン情報システムズとたけびしは、迅速かつ低コストでスマートファクトリー化を実現できるソリューションを提供。たけびしのIoT対応データアクセスユニット「デバイスゲートウェイ」と、セゾン情報システムズのIoTデータ転送ソフトウェア「HULFT IoT」を組み合わせ、稼働状況の見える化や遠隔管理の実現を支援する。

 製造業では、IoTやAIなどを活用したスマートファクトリー実現のための取り組みが加速している。作業プロセスを可視化、分析し、工場全体の効率稼働を実現するには、個別に存在する産業機器や、そこに格納されているデータを連携させる仕組みが不可欠である。

 しかし、PLC(Programmable Logic Controller)や産業機器はメーカーごとに通信規格が異なるため、データ連携および収集を行うにはシステムが複雑になってしまい、専門技術者のいないユーザー企業にとって、スマートファクトリー実現の大きな阻害要因となっている。さらに、稼働中の機器に対して、個々にデータ収集を行う仕組みを実装するには多くの工数がかかる他、各機器から収集したデータを取りまとめてサーバへ転送する際には十分なセキュリティ対策も求められる。

 こうした課題に対し、セゾン情報システムズとたけびしは、迅速かつ低コストでスマートファクトリー化を実現できるソリューションを提供。具体的には、たけびしのIoT対応データアクセスユニット「デバイスゲートウェイ」と、セゾン情報システムズのIoTデータ転送ソフトウェア「HULFT IoT」を組み合わせ、稼働状況の見える化や遠隔管理の実現を支援する。


つながらないPLCや産業機器から容易にデータ収集が行える

Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Related Post