インタースペース—2Qは2ケタ増収増益、通期でも増収増益を見込む … – ZUU online



インタースペースは9日、2017年9月期第2四半期(16年10 月-17年3月)連結決算を発表。売上高が前年同期比17.2%増の129.79億円、営業利益が同16.1%増の4.69億円、経常利益が同15.9%増の4.65億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同18.9%増の2.78億円となった。

セグメント別によると、インターネット広告事業の売上高は前年同期比17.8%増の126.53億円、セグメント利益は同7.2%増の4.11億円だった。主力のアフィリエイトサービス「アクセストレード」において、主要カテゴリの売上が好調。金融カテゴリの「FX関連」や、サービスカテゴリの「エステ・人材関連」が前年度比を大きく上回り、ECカテゴリの「コスメ・健康食品」なども好調に推移した。メディア運営事業の売上高は同2.9%減の3.26億円、セグメント利益は同187.0%増の0.57億円となった。主力の「ママスタジアム」は、ママ向け情報サイトとしての認知が拡がりをみせ、企業のタイアップ広告の受注が収益に大きく貢献し、過去最高の月間売上高を更新した。また、月間ユニークユーザー数も3月末で700万人を突破し継続して増加した。

2017年9月期通期については、売上高が前期比9.8%増の255.85億円、営業利益が同11.0%増の10.00億円、経常利益が同11.0%増の10.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同14.4%増の6.20億円と期初計画を据え置いている。

<TN>

インタースペース?2Qは2ケタ増収増益、通期でも増収増益を見込む

ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

PREV 日経平均は小幅下落、全般こう着のなか、好業績の中小型株な… NEXT 三井物産など、株主還元に積極的な商社セクターに注目 SMBC…



Related Post