ビジネスマン100人中VRの正解者57%、ARの正解者38%。今さら聞けないVRとARの違いとは? – SPA!



 昨年2016年は、ある2つの元年だったことはご存じだろうか? 2016年は「PlayStation VR」が発売されたほか、スマホゲーム『ポケモンGO』が世界的大ヒットになるなど、VR/AR元年と呼ばれた年だった。言われてみれば確かにそうだったかもと思う人はいるだろう。

 では、「VRやARが何か説明できる?」と聞かれて即座に答えられるだろうか?

 30?40代のビジネスマン100人を対象に調べたところ、VRを「仮想現実」と答えられたのは57%。「空想現実」(14%)、「架空現実」(13%)との回答や、「拡張現実」(11%)と間違える人もいた。

 VRはまだいいほうで、ARを「拡張現実」と答えられた人は38%しかおらず、「仮想現実」と間違えた人が同じぐらいいた(36%)。

 そもそも仮想現実(VR)や拡張現実(AR)とは何なのか? 

 まずVR(バーチャルリアリティ)は、仮想世界に現実の人間の動きを反映させて、現実のように感じさせる技術のこと指す。

 VRといえば、「PlayStation VR」のようなゲームがすぐに連想され、ユーザーはヘッドマウントディスプレイと呼ばれるVRゴーグルを装着して、コンテンツを楽しむのが一般的だ。「PlayStation VR」の場合、迫力のあるゲーム映像と3Dオーディオ技術で、プレイヤーがあたかもゲームの空間に入り込んだかのような没入感を得られる。



Related Post