マイクロソフトのMRヘッドセット Acer製開発者版が税込40000円で予約開始 – Mogura VR



Acer製となるマイクロソフトのMRヘッドセット「Acer Windows Mixed Reality Headset」の予約受付が開始されました。現在楽天市場で予約を受け付けています。価格は40,000円 (税込)、2017年8月31日(月)以降に発送となっています。



本ヘッドセットは、Windows 10搭載のPCで所定の条件を満たせば動作します。また、MRデバイス「HoloLens」と同じWindows Mixed Realityのプラットフォームを使うことで、空間にオブジェクトを配置したり、没入型のVR体験も可能です。

また、インサイドアウト方式のトラッキングを搭載しており、ヘッドセットに搭載されたセンサーを使っての、外部センサーいらずの位置トラッキングが可能です。

弊誌パートナーである米メディア「Road to VR」の記者がマイクロソフトのカンファレンス「Microsoft Build 2017」で、本ヘッドセットの体験とマイクロソフトの担当者に質問をした内容は、MoguraVRにて記事掲載しています。



仕様

視野(FOV) 水平 95°(プレネルレンズ)
ディスプレイサイズ 2.89インチ×2
解像度 2,880×1,440(1,440×1,440 単眼)
ディスプレイリフレッシュレート 60 Hz(HDMI 1.4)90 Hz(HDMI 2.0)
トラッキングセンサー ジャイロスコープ、加速度計、磁力計
トラッキングカメラ フロント部×2
サウンド ビルトインオーディオ、マイクロフォンサポート
コネクター HDMI 2.0(ディスプレイ)/ USB3.0(4m)

開発者むけ推奨PCスペック

OS Windows 10 Creators Update(デベロッパーモードが必要になります)
プロセッサー Intel Desktop i7(6 コア以上)または AMD Ryzen 7 1700(8 コア、16 スレッド)
グラフィックカード NVIDIA GEFORCE GTX 980/1060、AMD Radeon RX 480(8GB)、以上、DX12 and WDDM 2.2 capable GPU
グラフィックドライバー Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2
電源 15W もしくはそれ以上
HMD コネクター HDMI 1.4(60 Hz)または HDMI 2.0(90 Hz)HMD 用 HDMI ポートが必要です
最低解像度 SVGA(800×600)
ビット深度 1,670 万色(1 ピクセルあたり)
RAM 16 GB 以上
ストレージ 10 GB 以上の空きスペース
USB USB3.0 Type-AHMD 用 USB ポートが必要です※USB は 900 mA 以上の電流を供給できること
Bluetooth Bluetooth 4.0(アクセサリーとの接続に必要)

Related Post