GoogleとAppsFlyerが正式に協力体制|ベンチャータイムス – ベンチャータイムス



資本・業務提携

7

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy

モバイル・アトリビューションとマーケティング分析の分野におけるリーディングカンパニーで、マーケティング業界をより測定しやすくすることを目標に掲げるAppsFlyer(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:大坪直哉)は、5月17日Google社(本社:カリフォルニア州 代表取締役社長:サンダー・ピチャイ)のApp Attribution Partnerとして正式に協力関係を結ぶことを発表した。

AppsFlyerとGoogleの正式な協力関係により、モバイルマーケティング業界で活躍するマーケターは、より迅速かつ直感的に計測設定が可能となり、より豊富な機能を利用できる。
各オーディエンスをターゲットとしたマーケティング活動の最適化がより効果的にでき、今回の連携により新しいデータポイントの提供、明確なレポーティングが実現できる簡単な設定方法、よりシンプルで画一的なレイアウトなど、その他多くの拡張機能が利用可能である。
AppsFlyerでは、App Attribution Partnerとして、Google社が提供する数多くの最新のアプリ測定機能がリリースされ次第、広告主へ提供し、世界中のマーケターに新たなイノベーションをもたらす。
Google社では、広告主のためにAppsFlyer専用のサポートチームも設置している。

モバイル広告の分野における優れたメディアソースをランキングし、世界中のモバイルマーケターに活用可能である最新のAppsFlyerパフォーマンスインデックスによると、Googleは、分野や業界、地域を超えて、世界中のアプリマーケターの牽引力であり続け、膨大なインストール量でその存在感を示しつつ、質の高いモバイル・ユーザーを獲得し続けている。
AppsFlyerとGoogleは、今後も共にイノベーションを続け、マーケターに市場で最良のソリューションを提供していく方針である。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy

Related Post