いちばんラクなルートが出るのはコレだ! 徒歩ナビアプリ最強決定戦



アスキースマホ総研・白書
第37回

2017年05月24日 18時00分更新

文● 中山 智 編集●ASCII編集部

 最近は乗換案内アプリに徒歩ナビ機能が追加されたり、逆に徒歩ナビを含む地図アプリに乗り換え検索を呼び出す機能が搭載されるなど、出発地から目的地まで徒歩+公共交通機関を使ったルート検索が目的地設定だけで完了するアプリが多数登場している。

 今回は、代表的なルート検索&地図アプリを4本ピックアップ、どのアプリがいちばん徒歩および公共機関を使った移動で使いやすいか、最適ルートを提案してくれるかをチェックしてみた。

※アイコン横のアプリ名をクリックでPlayストアに移動します。

目次

以下、ASCII倶楽部会員限定公開

インストール不要ですぐ使える
「Googleマップ」

Googleマップ

作者:Google Inc.
価格:無料

 ほとんどのAndorid端末には標準でインストールされており、iOS版も無料アプリなので気軽に利用できる定番の地図アプリ。到着時刻や日付などを指定した検索には対応しているが、ルート検索の条件は「最適ルート」「乗換が少ない」「徒歩距離が短い」の3つだけと、ほかの徒歩ナビと比べるとやや物足りない印象だ。

 検索結果には乗り換え時の移動距離や時間、利用する交通機関の行き先や駅のホーム番号なども記載されているのでわかりやすい。海外の地図データも利用でき、海外でも電車やバスといった公共機関のルート検索に対応しているので、海外旅行での使用にもピッタリ。さらに目的地周囲の地図データを事前にダウンロードすることで、通信せずに利用できるオフライン地図にも対応。



ルート検索は画面右下の青いアイコンをタップ 目的地はテキスト検索で候補を探す



検索条件に合わせていくつかのルートをピックアップ ルート表示で表示される条件がオプションで選べる



乗り換え時の移動距離や時間もチェック可能 駅やビルは階層ごとに地図を表示できるのでわかりやすい
ルート検索 車、公共交通機関
徒歩、タクシー
新幹線
有料特急
路面電車
地下鉄
飛行機 ×
高速バス
路線バス
フェリー(車と徒歩検索のみ)
歩行速度 なし
屋内地図
地図表示 地図、航空写真
鉄道路線、地形
交通状況
リアルタイム情報 混雑
運行状況
オフライン地図
ウィジェット






この連載の記事

Related Post