Android版「Chrome 59」安定版が正式リリース – ガジェット通信



Google は 6 月 8 日、Android 用 Chrome ブラウザの新バージョン v59(59.0.3071.92)を正式にリリースしました。Google は Chrome 59 の新機能として、WEB ページの読み込み速度の向上、Javascript エンジンの改良によるメモリ消費量の削減、安定性の向上を掲載しています。上記以外にも、開発中の段階ではコピペ操作をすることなく WEB ページのテキストデータを別のアプリに貼り付けることのできる Copyless Paste や PNG のアニメーションフォーマット「APNG」のサポートが導入されたほか、リンクを長タップした際のコンテキストメニューがリンク内容に応じて変化するようになり(カスタムコンテキストメニュー)、新しいタブのデザインも一新しています。「Chrome」(Google Play)

■関連記事
Hulu、Amazon Fireタブレットのサポートを再開
Huawei、Huawei P9 Liteを22,800円+英に値下げ
米国の低価格スマートフォンブランド「BLU」が国内進出、GRAND X LTEとGRAND Mを発売へ



Related Post