クアルコム、ウェアラブル向け新チップセット「Wear 1200」、NB-IoTなどに対応 – 日経テクノロジーオンライン



 米Qualcomm社は、2017年6月29日、ウェアラブル機器向けの新チップセット「Qualcomm Snapdragon Wear 1200 platform」を発表した(ニュースリリース)。LTE MTC(Machine-Type Communications) Category M1(LTE Cat-M1)とCategory NB1(NB-IoT)をサポートする。

 LTE Cat-M1とNB-IoTはどちらも3GPPのLTE仕様に含まれるIoT向け通信規格で、LPWA(Low Power Wide Area)と呼ばれるIoT向け通信仕様の1つに数えられる。今回のチップセットにより広いカバレッジと超低消費電力、常時接続を実現し、コスト効率のよいウェアラブル機器開発を支援する。LTE Cat-M1とNB-IoTの違いは通信速度でNB-IoTの方がより低速な代わりに消費電力と機器トータルの製造コストが下がるとされる。

 Snapdragon Wear 1200は、ウェアラブル業界の要求に応えて更なる小型化、省電力化とよりスマートなセンシングと堅牢なセキュリティ、全世界規模での位置確認と常時接続を可能にしている。79ミリメートル四方サイズのチップにLTE Cat-M1用FDD/TDDモデム、NB-IoT用FDDモデム、E-GPRS(Enhanced GPRS)モデム、電源管理ICと超低消費電力制御機能、無線トランシーバー、外部センサーハブを搭載。15の周波数帯に対応し、位置情報はGPS、GLONASS、Gallileo、BeiDouをサポート。「Qualcomm Cloud Based Location Services」を使って地球規模での位置確認サービスを提供する。

 アプリケーションプロセッサはLinuxとThreadXベースのアプリケーションに対応。無線LAN、Bluetoothや音声通話への拡張機能も用意している。プライバシー保護とセキュリティー保護機能としては、暗号エンジン、乱数発生機能やARM標準のセキュリティ技術「TrustZone」に対応するハードウエアベースのセキュリティ^機能「Qualcomm Secure Execution Environment」も搭載している。

 「Snapdragon Wear 1200」は既に市場にて入手可能となっている。なおSnapdragon Wearシリーズには他に、歴史のあるLTE系IoT通信規格であるLTE Cat-1(LTE Use Equipment 1)対応の「Snapdragon Wear 1100」、LTEをはじめとする各種通信規格とIEEE 802.11n、Bluetoothに対応する「Snapdragon Wear 2100」がある。



Related Post