富士通とオラクル、「Oracle Cloud Platform」を国内からも提供



 富士通と日本オラクルは4月20日、富士通の国内データセンターから「Oracle Cloud Platform」サービスの提供を開始した。また、「Oracle Database Cloud Service」と連携する「FUJITSU Cloud Service K5 DB powered by Oracle Cloud」(K5 DB Oracle)も発売した。


利用イメージ

 「Oracle Cloud Platform」サービス群は、既に3月27日から富士通のデータセンターから提供されている。今回の施策でユーザーは、データベースシステムの可用性を高める「Oracle Real Application Clusters」などの機能を富士通の国内データセンターにおいて利用できるようになった。


「Oracle Cloud」(PaaS・IaaS)として提供するサービス(2017年3月27日より提供開始済み)

 また、新たに富士通独自のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」のデータベースラインアップに加えられたK5 DB Oracleは、Oracle Database Cloud Serviceと「Oracle Database Backup Service」を含むデータベースサービスに、富士通のシステムインテグレーションのノウハウを組み込んだもの。セキュリティ設定や暗号化、運用監視なども、データベース作成時に自動的に設定できるため、ユーザーがクラウド固有の技術を新たに修得する必要はない。さらに富士通のワンストップサポートを利用できる。

 K5 DB Oracleの販売価格(税別)は、月額5万7000円(プリペイド型定額制]択時の最低価格)からとなる。



Related Post