コニカミノルタ、IoT連携でグローバルITベンダーとタッグ – 日経テクノロジーオンライン



 コニカミノルタは2017年4月19日、東京・表参道ヒルズで「Workplace Hub」のプレビューイベントを開催した。

 Workplace Hubはコニカミノルタが「エッジIoTプラットフォーム」と位置付ける製品。サーバーとデジタル複合機の統合型、サーバー単独型があり、そこにイメージを高速処理するハードウエア、グループワークを支援するソフトウエアなどを搭載して、「オフィスにおける各種ドキュメント類やパソコンやプリンターの管理」「製造現場における設備類の予兆保全、作業指示、図面管理」「PACS(医療用画像管理システム)と連携しながら医療現場におけるEHR(Electronic Health Record)やウエアラブルデバイスが収集したバイタルデータの管理」といった機能を実現する。

 発売は2017年秋の予定。ワールドワイドでは2017年3月23日に開催されたドイツ・ベルリンのプレスイベントで発表済みだが、日本でのお披露目は今回が初となる(関連記事「オフィスのIoT基盤狙う、コニカミノルタのWorkplace Hub」)。



パートナーの日本法人幹部を紹介するコニカミノルタの山名社長(右端)

左からシスコシステムズ合同会社の鈴木みゆき社長、日本ヒューレット・パッカード常務執行役員エンタープライズグループ事業統括エンタープライズパートナー営業統括の西村淳氏、日本マイクロソフト執行役員常務パブリックセクター担当働き方改革担当の織田浩義氏、SAPジャパン会長の内田士郎氏

Related Post