Android用Chrome 59に「カスタムコンテキストメニュー」が導入 – ガジェット通信



現在 Dev チャンネルで提供中の Android 用 Chrome 59 に「カスタムコンテキストメニュー」と呼ばれる新しいコンテキストメニューの表示方法が導入されました。WEB ページのリンクや画像、動画を長タップすると、様々なオプション機能がメニューとして表示されます。これがコンテキストメニューです。從來のコンテキストメニューは、オプションをテキストのみで表示するだけでしたが、「カスタムコンテキストメニュー」を有効にすると、どのような機能を提供するのかを視覚的に把握できるアイコンが表示されるようになります。また、リンク付き画像を長タップするとコンテキストメニューに「リンク」と「画像」のタブが表示されるようになり、リンクとしてのメニューと画像としてのメニューをそれぞれのタブで操作できるようになりました。このように長タップするコンテンツに応じてコンテキストメニューの内容が変化します。さらに、長い URL のリンクを長タップすると、コンテキストメニューの URL 部分をタップするだけで展開できるようになりました。「カスタムコンテキストメニュー」は Chrome 59 以上の実験機能メニューにおいて、「chrome://flags#enable-custom-context-menu」を有効にすると利用できるようになります。

■関連記事
Samsung、Galaxy S8の発売に合わせてGoogle Playミュージックと提携
ハコスコ、8Kの360度パノラマ動画を撮影できるプロ仕様のVRカメラ「Insta360 Pro」の国内向け予約を開始
Moto Z2 Playのレンダリング画像が出回る



Related Post