デザインをパクられた? 世界展開の雑貨店 vs 日本のアートユニット(BuzzFeed Japan)



世界中に展開する大手雑貨店と日本のアートユニットの間で作品をめぐり、問題が起きている。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

【写真】美しすぎる……素晴らしきケーブルの芸術

問題になっているのは「フライング タイガー コペンハーゲン(以下、フライングタイガー)」が販売しているiPhone用充電器だ。

フライングタイガーは、デンマークのゼブラ社が運営する雑貨店。1995年にコペンハーゲンで創業して以来、現在30カ国に計700以上もの店舗を展開している。

日本には、2012年にアジア第1号店ともなる心斎橋店をオープン。現在、国内には22店舗を構える。そんなフライングタイガーに“パクリ疑惑”が浮上した。

「ぎゃああああ!パクられたあああ!」

事の発端は3月30日、Twitterユーザーが投稿した「明和電機の魚コードパクられとるやん」というツイート。

明和電機とは、アートな電気製品などを製造するアーティストユニット。先の投稿を同社の土佐信道社長が発見。土佐さんが「ぎゃああああ!パクられたあああ!」と投稿し、問題が明るみになった。

パクられた可能性のある商品は「魚(な)コード」。魚をモチーフにした充電器で同社の看板製品のひとつだ。

初期モデルを1995年に発表して以降、ストラップやUSBケーブルに展開させた。今回パクられた可能性のあるものは、その中のUSBケーブルである。

明和電機がAndroid端末用なのに対し、フライングタイガーはiPhone用。

白が明和電機のもので赤がフライングタイガーのものである。見比べると酷似しているのがわかる。

BuzzFeed Newsは土佐さんに詳しい話を聞くため、同社を訪ねた。

投稿を見つけた土佐さんは、その2時間後、フライングタイガー渋谷店にいた。自分の目でパクリ疑惑の商品が店頭にあることを確認。在庫を含めた約30個を買い占めた。

そのあと都内3店舗にも向かい、その日のうちに計100個を買い占めた。

「会社に戻ってきて検証をしました。寸分違わず同じ形でしたね」と土佐さん。

「最初は型から流出したと思ったんです。工場が流したのか、なにかしらの問題で流出したのかと。しかし、じっくり見てみると中の構造などが微妙に違っている。おそらくオリジナルをスキャンして、それを元に作ったのだと思われます」

土佐さんは同日、フライングタイガーの運営会社であるゼブラジャパンに問い合わせた。その段階では「事実関係を調査中」との回答だった。

ゼブラ社は翌31日に該当商品を回収。コピーとは認めないものの「風評被害を考慮しての回収」とのことだった。なお、回収は国内のみとのこと。

権利関係などを問い詰めても本社の判断次第になってしまうため時間がかかる。そこで土佐さんは本社に報告書を提出した。4月5日に回答が来たが同じく「現在、調査中」とだけの返答だった。

ここまでが現在までの経緯である。

Related Post