日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモが法人向けIoT事業で協業 – PC Watch



 日本マイクロソフト株式会社、ユニアデックス株式会社、株式会社NTTドコモの3社は、法人向けIoTビジネスの拡大と新たなソリューション開発を目的とし、4月21日から協業を開始した。

 本協業では、日本マイクロソフトが提供するMicrosoft Azure、ユニデックスが提供するIoTビジネスプラットフォーム、NTTドコモが提供する閉域網サービスを連携させ、セキュアなIoTパッケージサービスとして9月から3社共同で販売する。

 具体的にはIoTゲートウェイでLTEに対応したセンサーをネットワークに接続。センサー機器等から収集したデータをdocomo M2Mプラットフォームを介し、NTTドコモの3G/LTEで閉域網接続してMicrosoft Azureに蓄積し、IoTビジネスプラットフォームで解析・可視化を行なう。

 3社は本サービスを2020年度までに1,000万台のIoT機器との接続を目指している。



Related Post