「早く戻ってきてね!」…古巣ミランのツイッターが負傷のイブラを激励 – 毎日新聞



 日本代表MF本田圭佑の所属するミランが、右ひざのじん帯を損傷したマンチェスター・Uの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチに激励のメッセージを送っている。

 イブラヒモヴィッチは、20日に行われたアンデルレヒトとのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグで延長戦突入直前の後半アディショナルタイムに空中戦で着地した際に右足を負傷。精密検査の結果、右ひざのじん帯を損傷していることが判明した。長期離脱は避けられないとの見方が強い。

 これを受けて、同選手が2010-11シーズンから2シーズンにわたって在籍したミランが、クラブ公式ツイッターにメッセージを掲載。「かつてのファイター、いつもファイター!お大事に、そして早く戻ってきてね!」と励ましのメッセージを寄せている。

 同選手はこれまで「(ミランは)自分がプレーした中で最も偉大なクラブだ」とコメントするなど、ミランへの思いを度々語っていた。両者の関係は今も良好なようだ。

【関連記事】
●ボルシアMGが香川真司の獲得を狙う…ドイツ紙は「実現可能」と報道
●酒井宏樹が感激! マルセイユサポによる「日本語フラッグ」が話題に
●C・ロナ、史上初のCL通算100得点! バイエルン戦ハットで達成
●主審も気付かず…D・アウヴェス、古巣ベンチへの挨拶中に試合開始
●敵地で奮戦もCL敗退…バイエルンのファン、レアル戦で警察と衝突



Related Post