VSPECのパソコン組み立てキットにRyzenモデルが追加



いずれもSilverStone製ATXケースを採用

2017年04月24日 14時50分更新

文● 天野透/ASCII

 ウィズテックは4月24日、VSPECの組み立てパソコンキット「ぱそキット」シリーズにAMD Ryzen搭載の3モデルを追加すると発表した。新モデルはRyzen 5 1400からRyzen 7 1800Xを採用したパーツセットで、いずれもSilverStone製のケースを採用する。

 「ぱそキット/Ryzen 1800X-RX580セット」は標準仕様として、CPUにRyzen 7 1800Xを、グラフィックカードにRadeon RX 580を採用したモデルで、標準価格は20万9800円。マザーボードはASRock「X370 Taichi」。メモリーはDDR4 2400の8GBモジュールが2枚(合計16GB)。ストレージはWesternDigitalの「WD Blue SSD」250GBモデルとSATA3の500GB HDD。電源はオウルテックの「RAIDER RA-750S」(750W)。ケースはSilverStoneの「SST-RL05WR-W」。

 「ぱそキット/Ryzen 1700X-RX550 セット」は標準仕様として、CPUにRyzen 7 1700Xを、グラフィックカードにRadeon RX 550を採用したモデルで、標準価格は12万9800円。マザーボードはASUS「PRIME B350-PLUS」。メモリーはDDR4 2400の8GBモジュールが2枚(合計16GB)。ストレージはSATA3の500GB HDD。電源はSilver Stoneの「SST-ST60F-ESB」(600W)。ケースはSilverStoneの「SST-PS13B」。

 「ぱそキット/Ryzen 1400 セット」は標準仕様として、CPUにRyzen 5 1400を、グラフィックカードにGeForce GT710を採用したモデルで、標準価格は6万9900円。マザーボードはASRock「AB350M-HDV」。メモリーはDDR4 2400の4GBモジュールが2枚(合計8GB)。ストレージはSATA3の500GB HDD。電源はSilver Stoneの「SST-ST50F-ESB」(500W)。ケースはSilverStoneの「SST-PS09B」。

■関連サイト



カテゴリートップへ




Related Post