ゴルフ界で1400人巻き込む金銭トラブル、疑惑は大手信販にも



“実質無料”の口車に乗り、高額のクレジット契約を結ぶ──。だまされる方も悪いと言いたくなるが、巧みな手口である上、その契約がほぼ“無審査”だったとしたら……。(「週刊ダイヤモンド」委嘱記者 野村聖子)

「ただより高いものはない」──。この言葉を象徴する事件が、ゴルフ業界全体、さらには信販会社を揺るがす大問題に発展している。

 ゴルフIT関連会社、ゴルフスタジアム(GS)が、ゴルフのレッスンプロや練習場オーナーらに、“実質無料”をうたって高額な練習用ソフトを購入させた後、実質無料の約束を突然、ほごにしたのである。

 購入契約者たちは3月に被害者の会を設立。会のアドバイザーを務める西村國彦弁護士によると、被害者数は約1400人にも上り、被害額は40億円以上と推測される。

 被害者の一人で、ゴルフのレッスン業を営むA氏を例に事の経緯をたどろう(下図参照)。

 A氏は当時、所属していた練習場が急に閉鎖され、レッスンの拠点を他に移したため、「レッスンの継続を何かしらの形で発信したい」と考えていた。そこにGSの営業マンが「あなたのホームページを無料で作成し、管理・運営もやります」と持ち掛けてきた。

 いざ契約を結ぶ段階になって、「『練習用ソフトを分割払いで買う』という契約の形式を取ってほしい」と条件を出してきた。このソフトがなんと2点セットで545万円もした。

 ここまでならA氏も相手にしなかったが、GSは「ホームページに掲載する広告の営業を当社で行い、その広告料として、信販会社への毎月の支払額と同額を支払う」と持ち掛けてきた。

 要は、GSから入金される広告料で、信販会社への支払いを相殺できるため、契約者は“実質無料”でホームページの作成と管理運営をしてもらえるというのだ。

 ところが今年2~3月から、GSからの広告料の支払いが途絶え、契約者はクレジットの残債を抱えることになった。そもそもは無料でのホームページ作成が目的で、ソフト購入はその条件にすぎない。「被害者の多くは、ソフトの封すら開けていない」と西村弁護士。A氏も同様だった。

 GS側は支払いの中止理由が広告事業の悪化であること、今後1年をめどに新規事業を起こし、その利益で支払いを再開したい旨を記した手紙を被害者たちに送付している。ただ、本誌の取材に対しGSは「新規事業の内容については未定」と話す始末で、支払い再開のめどなど立っていない。

 西村弁護士は「GSは最初から事業資金を信販会社から引き出す目的で、ホームページの作成を隠れみのに、ソフトを購入させたのではないか」と推測する。

 怪しい手口だが、GSには日本プロゴルフ協会や有名プロゴルファーとの提携実績があり、ロッテ葛西ゴルフという名の知れたゴルフ練習場のレッスン事業も請け負っているなど、業界での信頼度は高かった。A氏も「まさかGSにだまされるとは考えてもみなかった」と言う。ゴルフの雑誌などで活躍する有名店のオーナーも被害に遭うなど、ゴルフ界に与えたインパクトは大きい。さらにGSは、広告料の支払いを中止した3月以降も新規契約を結んだ形跡があり「ホームページが未作成なのに、ソフトの分割払いを抱えてしまった被害者もいる」と西村弁護士。悪質性は疑いようがない。

 それでも被害者は、GSからの支払い中止を理由には、信販会社への支払いをやめられない。ソフトのクレジット契約はあくまでも信販会社と被害者の2者間契約。しかも、多くの被害者は途中解約が困難な「営業用」の契約をさせられていた。

 西村弁護士は「GSの詐欺を立証するには時間がかかる。自己破産に陥る被害者を出さないためにも、まずは、信販会社に支払いの免除を求めていく」と強調する。

ほぼ無審査の疑い
ブラックリストに入っていても契約

練習用ソフトの値段や契約形態はなぜか被害者によって異なる Photo by Seiko Nomura

 西村弁護士は信販会社にも疑惑の目を向けている。信販会社のクレジット審査が適正ではなく、ほぼ無審査だったのではないかと疑っているのだ。

「信販会社の審査は、契約書に書いた自己申告の年収と、事実確認の電話一本のみで、年収を証明する書類などは一切提出していない」とA氏。さらには「被害者の中で、『自分はブラックリスト入りしていたのに審査に通った』と明かした人がいる」と声を潜める。

 現時点で西村弁護士が確認している取引信販会社は大手を含む8社(図「GS事件の経緯」参照)。西村弁護士は「すでに信販会社の一社から事情うかがいの連絡があった」と明かし、動揺をうかがわせる。

 問題が表面化した3月末、当の堀新・GS社長は、夫婦そろって悠々とゴルフ大会に出場していた。その余裕のさまに、被害者の一人は「絶対に追い詰めてやる」と吐き捨てる。いずれにせよ、このままでは破産するレッスンプロが続出しよう。

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら



カテゴリートップへ



Related Post