ユニリタ、アイネットと資本業務提携



2017/04/24 14:53

ニュース

 ユニリタ(北野裕行代表取締役)は4月21日、アイネット(梶本繁昌社長)と資本業務提携を行うと発表した。現在、両社は、ユニリタが開発するシステム運用自動化やデータ連携のためのミドルウェア製品群を、アイネットが提供する企業向けクラウドサービス上で提供するための協業と技術提携を行っている。


 今回の資本業務提携は、急拡大する企業向けクラウド市場、とくに顧客ビジネスのデジタル変革ニーズに対し、迅速に戦略的な対応を図るため、両社の強みを相互に活用することが狙い。両社の緊密な連携体制とエコシステムの構築を通じ、顧客のデジタル変革を支援するためのクラウド型データセンターを活用した事業展開力強化を図っていく方針。

 なお、今回の提携では、ユニリタがアイネットの普通株式の一部(議決権比率の0.6%に相当する10万株)を立会外取引で取得し、アイネットは、普通株式の一部(議決権比率の1.2%に相当する10万株)を同様の方法で取得する予定。両社株式の取得時期は、5月中旬を予定している。






Related Post