カラオケボックスで仕事を 電源など貸し出し ビッグエコー



 第一興商は、カラオケルーム「ビッグエコー」の一部店舗で4月24日から、仕事用スペースを提供する新サービス「ビジネスプラン」を始める。カラオケルームを作業や会議などのビジネスユースに貸し出す新サービスだ。1人ワンドリンク付きで60分600円(税別、以下同)から。

画像


画像

 首都圏27店舗が対象。電源タップとHDMIケーブル、卓上ホワイトボードを貸し出す。ルーム内の大型ディスプレイにPCを接続すれば、同席メンバーと資料を共有でき、カラオケ用マイクでプレゼンテーションの練習も行える。一部の店舗では、無線LAN環境をNTTコミュニケーションズが提供する。

 価格は1人ワンドリンク付きで60分600円(税別、以下同)、延長30分300円、フリータイム(オープンから午後7時まで)は1500円。

 NTTコミュニケーションズと共同で昨年末から、カラオケルームの一部に無線LANを導入し、ワークスペースとして活用する実証実験を実施。そこで得られたノウハウを活用する。

 ビッグエコーは駅から近くアクセスしやすい店舗が多く、個室で周囲の目を気にすることなく会話ができるほか、机に広げた資料を第三者に見られる心配もないためビジネス利用しやすいとアピール。今後もビジネスプランの導入店舗数を順次拡大する。




Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Related Post