SAP Cloud Platformを機能強化–SwiftでiPhone/iPad向けも



 SAPジャパンは4月18日、SAP Cloud Platform(従来のSAP HANA Cloud Platform)に新機能や拡張機能を搭載して強化すると発表した。

 SAP Cloud Platformは、SAP S/4HANA、SAP SuccessFactors、SAP Ariba、SAP Fieldglass、ConcurなどのSAPアプリケーションの拡張や、IoT連携などを支援するソリューション。600社以上のパートナーとアプリケーションを構築しており、その数は1000を超える。

 今回、SAP Cloud Platform SDK for iOSとSAP Cloud Platform Workflowサービスを4月から提供開始し、IoTサービスをSAP Cloud Platform Streaming Analyticsサービスと統合する。

 SAP Cloud Platform SDK for iOSでは、Appleの最新のプログラミング言語Swiftを使用して、SAP Cloud Platformと統合した高度なiPhone/iPad用エンタープライズアプリをすばやく簡単に開発するためのツールと拡張性が提供される。作成済みのユーザーエクスペリエンス(UX)コンポーネントや、最新のデバイス機能(Touch ID、位置情報サービス、通知など)へのアクセス機能も用意されている。

 SAP Cloud Platform Workflowサービスでは、すばやく簡単にビジネス機能間を接続しようというもの。グラフィカルインターフェースを使って、さまざまなビジネスプロセスを組み合わせ、新しいワークフローを作成できる。

 SAP Cloud Platform IoTサービスでは、40以上のデバイスプロトコルをサポートし、SAP Cloud Platform Streaming Analyticsサービスと統合することで、ストリーミングデータのより高速な処理が可能になる。

 また、SAP Cloud Platform Big Data Services(旧Altiscale)では、ビッグデータアプリケーションの基盤としてクラウド上のHadoopサービスを提供する。



Related Post