仏大統領選の結果は?ソニー好調、業績相場へ



今日のポイント

  1. 仏大統領選の結果:出口調査では、ルペン氏、マクロン氏が、5月7日の決選投票に出ることが確実と、仏主要紙が報道している。出口調査の結果は、ルペン氏(得票率24.33%)、マクロン氏(得票率22.24%)と僅差であり、3位以下の候補との差も小さく、最終結果が異なるものになる可能性もある
  2. 仏大統領選を大過なく乗り切れば、業績回復を好感して日経平均は反発に向かう公算。ソニーや東京エレクトロンなど業績好調銘柄が、上昇を牽引すると予想

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

仏大統領選は、第1回投票(4月23日:上位2候補を選ぶ)・決戦投票(5月7日)の2回で決着へ

 23日に実施された仏大統領選の第1回投票の結果は、出口調査では、ルペン氏とマクロン氏が決戦投票に出る見込みと報道されている。日本時間で24日の午前中に最終結果が明らかになる見込みだ。4候補が大接戦となっており、第1回投票で、決戦投票に進む上位2候補が選ばれる。

仏大統領選の4候補:選挙前の世論調査での支持率


出所:支持率はパリマッチ誌の21日調査結果

 親EU派で中道路線のマクロン氏・フィヨン氏(水色で表示)の票が伸びると、EU崩壊の危機が一旦やわらぐので、市場には安心感が広がり、円安・株高が進むと考えられる。

 反EUを唱える極右ルペン氏、極左メランション氏(赤字で表示)が躍進すると、EU崩壊の危機が高まったとみなされ、市場には不安が広がる。

 順当な結果ならば、マクロン氏とルペン氏が上位2位に入り、決戦投票に進むことになる。フィヨン氏とメランション氏は、決戦投票ではマクロン氏を支持するとの見方もあり、決算投票で、マクロン氏が勝つとの思惑が出て、足元、円安が進んでいる。日本時間で午前7時15分現在、1ドル110.23円まで円安が進んでいる。ただ、投票するのは仏国民である。第1回投票でメランション氏に投票した人の多くがルペン氏に、投票する可能性もないとは言えない。

 今日判明する第1回投票の最終結果の順位が、仮に、1位ルペン氏、2位マクロン氏、3位メランション氏、4位フィヨン氏だったとして、極右・極左が予想以上に伸びて、決選投票でルペン氏が勝利しそうな勢いと判断されると、金融市場に不安が広がる可能性もある。

大統領選の結果により円高株安が進むならば、買い場となる可能性も

 思い起こされるのは、昨年6月の英国民投票の結果判明と、11月の米大統領選の結果判明時の、株式市場・為替の反応だ。

日経平均週足:2016年1月4日~2017年4月21日


注:楽天証券マーケットスピードより作成

 6月の英国民投票では、ブレグジット(英国のEU離脱方針)が僅差で可決された。英国とEUがともに大きなダメージを受ける不安が広がり、円高・株安が進んだ(上のグラフで矢印(1)をつけたところ)。11月の米大統領選で、ドナルド・トランプ氏当選が確実になると、金融市場に不安が広がり、一時、円高・株安が進んだ(上のグラフで矢印(2)をつけたところ)。

 (1)も(2)も、最初に結果が明らかになるのが、東京市場が開いている最中だった。東京市場が、最初に選挙結果を織り込む市場となったため、日経平均が一番激しく乱高下することになった。

 ただし、(1)も(2)も、ショックで日経平均が急落したところは、絶好の買い場だった。2016年後半から、米国および世界の景気が一斉に改善に向かい、ドル高(円安)・株高の材料となった。トランプ不安・ブレグジット不安は今でも続いているが、すぐに、世界経済を崩壊させる材料とはならなかった。



Related Post