開発者にもうれしい! SketchとInVisionで作るUIデザインのワークフロー



2017年04月25日 13時00分更新

記事提供:WPJ

本文印刷

デザインしたUIを実装してもらうとき、開発者とはどうやってコミュニケーションしていますか? SketchとInVision、Craftを使ってワークフローならデザインのやり取りを効率化できます。

デザインのハンドオフとは、デザイナーが作成したWebやアプリのデザインをコード化する開発者に引き継ぐことですが、そう簡単にはいきません。開発者はPhotoshopやSketchなどのデザイン系ソフトを使いこなしているわけではありませんが、デザインについてすべて知っておく必要があるからです。

具体的にどのような色、フォントが使われているのか、要素間のスペースはどのくらいかなど、開発者なら正確に把握しなければなりません。

そこで大活躍するのがInVisionのInspectです。

この記事をWPJのサイトで読む

Related Post