球場や寺を貸し借りできる「スペースマーケット」ポイント機能や直前割引スタート



働き方改革でシェアスペースのリピート利用が急増

2017年10月24日 14時40分更新

文● 山口/ASCII

 スペースマーケットは10月24日、遊休スペースの貸し借りできるマーケットプレイス「スペースマーケット」において、独自のポイント機能と直前割り引きをスタートしたと発表。

 スペースマーケットは、球場や寺、結婚式場、古民家、お化け屋敷などのユニークなスペースを、ネットやアプリ経由で簡単に1時間単位から貸し借りできるというもの。会議や撮影、セミナーやワークショップなどのイベントに活用可能としている。現在、取り扱いスペース数はおよそ1万2000件以上だという。

 今回実装するポイント機能は、スペース利用金額の3%がすべてのユーザーに付与され、溜まったポイントは1ポイント1円換算でスペース利用時に使用できる。また、会員登録時や各種キャンペーンなどでポイントを獲得可能としている。

 直前割り引きは、利用日の直前5日間の予約が割り引きとなる。直前割り対象スペースとその割り引き率はスペースによって異なり、スペースのホストが設定する。

■関連サイト



カテゴリートップへ




Related Post