LINEのトークが多すぎる! 読まずにまとめて既読を付ける方法



解決方法を教えます! LINE駆け込み寺
第95回

「既読処理」機能を活用しよう

2017年04月25日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

Q:新規の通知が多すぎて読むのが大変!
A:「既読処理」機能を使ってみよう

 LINEのトーク通知が多すぎて、正直読みきれない状態になったことがある人は少なくないはず。そのようなときは、「既読処理」機能が便利だ。

 トークルームを左にスワイプして「既読」をタップ。これで、読んでいなくても既読をつけることができる。なおこのとき、「非表示」をタップでトークルームを非表示処理に、「削除」をタップでトークルームごと削除できる。

 ただし、この機能は便利だが、友だちなどに対して使うと大切な情報を見逃してしまったり、「既読がついているのに読んでいない」ことが相手に分かってトラブルになる可能性も。企業の公式アカウントなどに限定して使うのが無難かもしれない。


トークルームを左にスワイプして、「既読」をタップ。これだけで次からは読まなくても既読がつく

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。
 最新刊『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入



カテゴリートップへ



この連載の記事

Related Post