生産性を上げるために



 人口減少の時代に突入し、注目されるようになったキーワードが「生産性」です。多くの企業が、生産性を上げるために、会議の時間短縮や長時間にわたる残業の是正などに取り組んでいます。しかし、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社で人材育成などを担当した伊賀泰代さんは、著書「生産性」のなかで、ただ時間を短くする「量を追う発想」が、生産性の低下を招くと指摘します。

 幅広い業界で、既に人手不足が問題になっています。外資系企業の最前線で経験を積んできた伊賀さんの意見は、生産性向上策を考えるうえで、一つの参考材料になると思います。(廣瀬秀平)



Related Post