アップルの社員は身体に多大な犠牲? 漏えいした多数の労災事象が … – JBpress



アップルの中国工場に各種基準違反、調査団体が指摘

米サンフランシスコ(San Francisco)でアップル(Apple)が開いたイベントの会場(2014年6月2日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Justin Sullivan〔AFPBB News

?米アップルは、かたくなに秘密主義を守る企業で、製品の発表日当日まで、社内で何を開発しているか一切明かさないことで有名だ。



?そうした徹底的な秘密主義でも、膨大な量の部品や、組み立て業務をアジアのサプライヤーに発注していることから、同社の新製品に関する情報は、たびたび漏れ伝えられる。

数百人のアップル社員に誤送信

?しかし、このほどは誤って送信されたアップルの内部文書が、米メディアに知れ渡ることとなり、これが大きく報じられ、話題になっている。

?報道によると、内部文書とは労働災害に関するもの。今年の4月14日、アップルの保健安全部門の担当者が誤って数百人のアップル社員にこの文書を送付したが、これを米ギズモードが入手した。

ARメガネのテスト中に体調不良か

?文書には今年2月から3月にかけてアップルで起きた70件超に上る事故・事象が記されている。中には、社内のカフェテリアで働くスタッフが、オーブンで火傷した事故など、製品開発とは関わりのないと考えられるものも多くある。

?しかし、そのうちの2つについては、かねて噂されていた、拡張現実(AR:augmented reality)関連製品の開発を示唆する事象であり、これらには噂の真相を知る手がかりがあるとギズモードは伝えている。

?それによると、1つは、2月にある試作機を試験していたアップルの女性社員が、試験中にレーザー閃光を見るようになったという事象。



Related Post