「Face ID」搭載の狭額縁「iPad」が2018年に登場か──Bloomberg報道



ニュース

» 2017年11月09日 08時17分 公開



Appleが2018年中にも「iPhone X」の新機能の多くを搭載するiPadを発売すると、Bloombergのマーク・ガーマン記者が報じた。ただしディスプレイはOLEDにはならないと予想している。



 米Appleが早ければ2018年中に、「iPhone X」の新機能の一部を搭載する新iPadを発表すると、米Bloombergのマーク・ガーマン記者が11月8日(現地時間)、複数の情報筋の話として報じた

 ipad 1

 顔認識機能「Face ID」を採用することでホームボタンがなくなり、その分iPhone Xと同様にディスプレイが広くなるという。少なくとも1台は10.5インチのiPad Proと同じ本体サイズになるとみられる。

 ipad 2
ホームボタンがない分画面が広い「iPhone X」

 ただし、ディスプレイはOLEDにはならないと、情報筋は語ったという。主に供給不足が原因だ。

 新iPadは、より高速なプロセッサとAppleが開発した新GPUを搭載し、iPad向けスタイラス「Apple Pencil」の新モデルも発表されるという。

 iPadの出荷台数は過去数四半期にわたって減少していたが、第4四半期6月に発売した「iPad Pro」が好調で、11%増の1032万6000台だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i



Rumors– 注目のうわさランキング

Related Post