フォルクスワーゲンのCEO、「ビートル」の電気自動車モデルを計画中とコメント



ニュース

» 2017年11月13日 10時42分 公開



独VolkeswagenのディエスCEOが英自動車雑誌のインタビューで、「The Beetle」のEVモデルの可能性を語った。同社のEVプラットフォーム「MEB」を採用すれば、かつてのように後輪駆動にできるという。


[佐藤由紀子,ITmedia]


 独Volkeswagenの人気モデル「The Beetle」の電気自動車(EV)モデルが誕生する可能性について、同社のハーバート・ディエスCEOが英自動車専門ニュースサイトAutomakerのインタビューで語った。

 beetle 1

 Automakerの11月10日付の記事によると、ディエス氏はEV版Beetleは決定事項ではないが、すべての現行モデルの後継車はEVになると語った。

 「Beetleもモデルチェンジするとしたら、EV化は現行モデルよりずっと良く、歴史にも近づけることができる。EVならかつてのように後輪駆動にできるからだ」とディエス氏は語った。同社の電気自動車プラットフォーム「MEB」は、前輪駆動にも、後輪駆動にも、4輪駆動にも対応する。

 ディエス氏は9月に独フランクフルトで開催されたIAA(国際モーターショー)で、2025年には23モデルの電気自動車を提供すると語った

 同社は1月には“ワーゲンバス”の愛称で親しまれている「Type 2」の、MEB採用のEV版リバイバルモデル「I.D. BUZZ」を披露している。

 beetle 2
東京モーターショーで展示された「I.D. BUZZ」


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i

Related Post