iPhone Xの顔認証に強敵が出現




iPhone XのFace IDをうまく使えずに苦しむ人(イメージ)

 11月12日、ちょっと象徴的な2つのiPhone X動画がYouTubeにアップされました。

 1つは人気YouTuberヒカキンさんの新作動画「【悲報】iPhone XからiPhone 8にしました」。出先ではマスクをすることが多いために「顔認証機能(Face ID)が使えない」としてiPhone 8にしたと語っていました。

 もう1つは「【検証】双子芸人ザ・たっちはiPhone Xの顔認証を突破できるのか!?」。双子のお笑い芸人ザ・たっちが、iPhone Xを使って「顔認証(Face ID)は双子でも適用するのか?」を検証しました。

 前者は「マスクをしていると使えない」、後者は「双子を見分けられない」というFace IDの弱点を、それぞれ(はからずも)浮き彫りにしている動画といえるかもしれません。

 もちろん、前者ならパスコードを入力してロックを解除する、後者ならそもそも物理的に使わせないなどの対応が考えられますが、iPhone X鳴り物入りの新機能に、ウィークポイントがあることは確かでしょう。

 特にマスクはやっかいな問題。もう11月も半ば、これから風邪が流行る時期です。マスクをする人はめずらしくありません。画面ロックの解除だけでなく、Apple PayにおいてもFace IDは重要。使用のたびにマスクを外すとなれば、「そもそもなんでマスクをしているのだ」となりそう。

 しかし、ここで「マスクをしていると顔認証ができないからiPhone Xはダメ」と煽るほど、我々はスマートフォンのことを知らないわけではありません。




この連載の記事

Related Post