「目をつけられたら終わり」 アンチ科学政権下で萎縮する 米国の生物学者たち



遺伝子編集などの分野で、最近の生物学は目覚ましい進歩を遂げている。しかし、科学顧問の長期不在に象徴される「アンチ科学」のトランプ政権下で誤った関心を引くと、研究に制限をかけられかねないと研究者たちは恐れている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】



Related Post