1億調達した16歳天才プログラマーは日本復活をかけて東京で戦う(BUSINESS INSIDER JAPAN)



カード決済アプリ「ONE PAY」のワンファイナンシャルというベンチャー企業が、1億円を調達したとのニュースが今秋、世を駆け巡った。注目の理由は16歳の経営者。中学生時代から5つのベンチャーを経験してきた、現役高校生だ。国際的なプログラミングコンテストやビジネスコンテストで数々の賞をとり「天才プログラマー」の名をほしいままにしている。21世紀生まれの時代の寵児は、いかに育まれたのか。

【写真付き全文はこちら】1億調達した16歳天才プログラマーは日本復活をかけて東京で戦う

大手町ビルの一角にある、フィンテックの有望スタートアップ企業が集積するFINOLABを夕暮れ時に訪ねると、黒いTシャツに黒いジーンズという軽装の若い男性が、ひょっこり現れた。ワンファイナンシャルCEO、山内奏人(そうと)さん(16)だ。

放課後には、毎日ここで仕事をしているという。

「僕らは早すぎた」

「ブロックチェーンは絶対に来る、と思っていたのですが、僕らは早すぎました。波来ないな、とプロダクトを撤退したら、大波が今年来てしまった」

FINOLABの「(エン)」と名付けられた会議室で、山内さんは屈託なく、そう話した。創業時の2016年6月にビットコインをプリペイドカードへ交換できるサービス「WALT」を出し、終了したのは2017年4月。

理由は「このままではまだ勝てない」と考えたから。

創業1年半あまりで、すでに2つのサービスを公表・終了し、3つ目が自ら開発を手がけたONE PAYだ。ONE PAYアプリをスマートフォンにインストールすれば、店舗は専用端末を導入せずとも、顧客のカード決済が可能になる。キャッシュレス化社会を促進する手軽なインフラとして、高い注目を集めている。その、トライ&エラーのスピード感が鮮やかだ。

照準を定めるのは、金融とテクノロジーを掛け合わせたフィンテック分野。

「東京のGDPは世界一で、巨大市場にも関わらず、圧倒的に日本のキャッシュレス化は世界から遅れている」

フィンテックでデータ化しお金の動きをつかめば「世界一の東京の流通を押さえることができる。世界で勝てるのです」と、熱を込める。

成功したいというより「面白いからやる。自分で手を動かすこと、つまりものづくりが好きなんです」。

【関連記事】

Related Post