円形ディスプレーに3G、2GBメモリー搭載! 高性能なスマートウォッチ「X5 Air」



2017年11月16日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

 腕時計さながらのデザインを採用する、円形ディスプレー搭載の高性能スマートウォッチ「X5 Air」が東映無線ラジオデパート店で販売中だ。中国Finowのハイエンドモデルで、価格は1万7800円。


一般的なスマートウォッチに比べ、かなりのハイスペック構成を採用した「X5 Air」が販売中だ

 円形ディスプレーを搭載したスマートウォッチのニューカマーで、一般的なモデルに比べハイスペックな点が魅力。ディスプレーの解像度も大きめで、メモリーはなんと2GBを内蔵、さらに単独で通信できる3G通信機能も搭載している。

 ディスプレーは400×400ドットの1.39型液晶で、プロセッサーはクアッドコアのMediaTek MTK6580(1.3GHz)、メモリー2GB、ストレージ16GBを内蔵。OSは日本語対応のAndroid 5.1で、Playストア経由でアプリを追加することもできる。



超小型のディスプレーだが、ブラウジングもできないことはない。Playストア入りで日本語にも対応しているが、ソフトや通信についてはショップ保証の対象外だ

 そのほか、Gセンサーや心拍センサー、GPSを内蔵。ネットワークはBluetooth 4.0と無線LANをサポート。nanoSIMスロットを備え、通信方式はW-CDMA 850/1900/2100MHzなどに対応している。ただし通信機能やOS動作を含むソフト動作については保証対象外のため、その点には注意が必要だ。

 なお、バッテリーは450mAhで充電には接触端子による専用充電器(付属)を使用する。同店では980円で充電器の単体販売も行なっているため、予備が欲しい場合は一緒に購入しておこう。



戻る操作などに使用できる、物理ボタンを3つ搭載。ネジを外せばSIMスロットへアクセス可能で、接触部分には心拍センサーも内蔵されている

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ




Related Post