Sigfoxでキットカットを自動発注、ネスレ日本向けにKCMEとACCESSがシステム開発(ニュース)



 KCCSモバイルエンジニアリング(KCME)とACCESSは2017年12月6日、ネスレ日本が開始するオフィス向けサービスに、IoT向け無線通信サービス「Sigfox」とボタンデバイスを用いた自動発注システムを提供すると発表した。Sigfoxは京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が提供するサービスで、低消費電力と長距離伝送、低価格などを特徴とするLPWAに分類される。

 ネスレ日本のオフィス向けサービスとは、オフィスにキットカットを届ける「キットカット たのめるくん」で、12月中旬に開始する。KCMEの通信デバイスと、KCMEがネスレ日本向けに開発したボタンデバイスを内蔵するキットカットの保管装置(たのめるくん)をオフィスに設置してもらい、在庫が少量になったら装置のボタンを押せば自動発注ができるという仕組みだ。

 この装置はSigfoxのネットワークにつながっており、発注データはSigfoxのクラウドサーバーを経由してネスレ日本の受注管理用サーバー「オーダーサーバー」に送られる。オーダーサーバーはACCESSが開発した。

 ネスレ日本は、特別な通信環境を構築しなくても利用できる安価な通信サービスとして、Sigfoxを評価したという。KCMEとACCESSは今後、キットカット たのめるくんの運用サポートを手掛け、サービス向上を支援していく。



ネスレ日本の「キットカット たのめるくん」でオフィスに設置する装置

(出所:KCCSモバイルエンジニアリング)

[画像のクリックで拡大表示]

Related Post