ついに220万円超え「ビットコイン暴落で損するのは日本人」警鐘鳴らす元日銀マン(BUSINESS INSIDER JAPAN)



Bitcoin(ビットコイン)価格の急上昇が続いている。大手取引所bitFlyerによれば、日本円建てのビットコインの購入価格は2017年12月8日午前10時現在で、220万台後半にまで急騰している。

【写真付き全文はこちら】ついに220万円超え「ビットコイン暴落で損するのは日本人」警鐘鳴らす元日銀マン

しかし、価格が上がれば上がるほど、暴落への懸念もつきまとう。国内外のメディアでは連日、「バブル」の文字が踊る。『アフター・ビットコイン』の著者である中島真志・麗澤大学教授はこう話す。

「1600年代にオランダで起きたチューリップ・バブルは3年で崩壊した。特別な理由なく、突然に価格の暴落は始まる。2017年はビットコインバブルの元年かもしれない」

日本銀行(日銀)出身の中島氏は、日銀国際局や国際決済銀行(BIS)での勤務を経て、2006年に大学教授に転じた。決済の専門家で、国際送金や電子マネーにも詳しい。中島氏が指摘する、ビットコインを買う前に知っておくべき事柄とは?

あまりにも上昇ピッチが速すぎる

仮想通貨の情報を配信しているcoindeskは、ビットコインの値動きのチャートを公開している。coindeskによれば、2010年6月の時点で、ビットコインの取引価格は、0.06米ドルだった。当時のレートで日本円に換算すると、5.4円余りになる。そして、2017年12月5日の価格1万1696.06米ドルを、2010年6月の価格で割ると、約19万4934倍になった。

ビットコインの価格は誕生以来、一本調子で上昇を続けてきた。特にこの1年ほどの上昇は、熱狂的と言っていいだろう。2017年1月1日の価格と12月5日の価格を比べると、約11.7倍に値上がりしている。coindeskのチャートの角度はこのところ、90度に近づいている。

中島氏は「バブルかどうかは弾けてみないとわからないとも言うが、あまりにも上昇のピッチが速すぎる」と話す。

価格上昇への期待感の背景には、マイニング(採掘)の仕組みがあると、中島氏はみている。マイニングは取引の記録・承認に必要な計算に貢献した人に対して報酬が支払われる。このため、世界中の採掘事業者が、大量の大型コンピューターを使い、計算作業を担っている。日本でも大手企業が相次いで、マイニングへの参入を表明した。

【関連記事】

Related Post