「Googleマップ Go」がGoogle Playストアで配信開始 | ガジェット通信 … – ガジェット通信



エントリーモデルをターゲットにした「Android Oreo(Go Edition)」向けに開発された地図アプリ「Google マップ Go」が Google Play ストアで公開されました。「Google マップ Go」は、古くから提供されている Google マップよりも機能の数とファイルサイズが少ない軽量版で、低速ネットワーク内でもサクサクと動作するように設計されています。アプリは軽量版ですが、200 カ国以上をサポートした地図上で場所を確認したり、ナビを実行したり、公共交通機関の運行情報やリアルタイムの道路情報を確認することができます。もちろん、一億以上ものスポット情報も含まれています。Android Oreo(Go Edition)はインドなどの主に新興市場に投入される Android スマホでの使用を想定して開発されたためか、現時点では日本の Google Play ストアでは配信されていません。「Google マップ Go」(Google Play)

■関連記事
Lenovoも18:9ディスプレイを持つスマートフォンを開発中
Pixel 2で「ARステッカー」を使ってみた(動画あり)
InFocusが初の18:9ディスプレイを持つスマートフォン「M7s」を来年早々にも発売



Related Post