売れ筋プリンターが古いMac OS非対応なのでアップデートしました



オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-
第106回

2017年12月17日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

インクを入れてプリントヘッド位置調整をすれば準備完了

 年賀状を印刷するため、12年ぶりにインクジェットプリンターであるキヤノンの「PIXUS TS8130」を購入したワタシ。さっそくセットアップをしようとしたのですが、なんとOSが対応していないというエラーが……。というわけで、今回はOSのアップデートです。

 と、その前に。プリンターを箱から出したらやることがいろいろとあります。まずはプリンター恒例、あちこちに貼られている保護フィルムや固定用のオレンジ色のテープ剥がしから。テープは内部やトレーにも貼られているので見逃さないようにしましょう。

 電源を入れると、使っているキヤノン製品の情報をキヤノンへ送信しますか? みたいなメッセージが出るので、同意する・同意しないを選択します。同意するとプリンターのID番号やインク使用情報、印刷枚数などが送信されるそうで、別に知られると恥ずかしくなるような項目はないんですが、回線を少しでも圧迫したくないのでここは[同意しない]をポチり。同意しなくてもプリンターは使えます。

 続いてインクとA4用紙をセット。プリントヘッド位置調整の印刷をするというメッセージが出るのでOKを押します。自分の調整用ツールを自分自身で印刷するのって自己修復ロボットみたいで、ちょっと可愛いと思ってしまいました。

プリントヘッド位置調整用パターンが印刷されます

印刷終了まで約4分

 用紙を原稿台に置くよう指示されるので、印刷されたプリントヘッド位置調整パターンをスキャナーの原稿台に置き、OKを押します。

プリントヘッド位置調整パターンを原稿台にセット

OKを押すと位置調整が終わります

 これでプリントヘッド位置調整は完了。続いてパソコンへの接続に入ります。






この連載の記事

Related Post