オルターブース、Azureの導入・運用支援サービス「Cloud Pointer」を提供開始



Azureサブスクリプションの割引キャンペーンも実施

2018年01月12日 16時00分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

 オルターブースは1月11日、Microsoft Azureの導入・運用支援サービス「Cloud Pointer」の提供を開始した。Azureのサブスクリプションの提供から、クラウドデザインの設計、アプリケーション開発、DevOpsによるサービス運用までをワンストップで支援する。

 同社はマイクロソフトのパートナーとして、AzureおよびOffice 365のサブスクリプションを販売している。Cloud Pointerでは、サブスクリプションを1つから発行し、月額費用が割引になるキャンペーンも実施する。

 また、導入・運用支援サービスの一環として、1.既存アプリケーションの全体像把握、2.既存アーキテクチャ整理、3.クラウドデザイン、4.SRE検討の4ステップから成るコンサルティングサービスを提供する。

 同社は今後、Azureに限らず様々なパブリッククラウドをCloud Pointerに対応させていくとする。

■関連サイト



カテゴリートップへ




Related Post