GPUサーバー/HPC収容可能なDCサービス、データドックが新潟で開始



最大30kVA/ラック、床耐荷重3トン/㎡、外気+雪冷熱空調採用の最高水準インフラで提供

2018年01月12日 06時30分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

 データセンター事業者のデータドックは1月9日、同社が新潟県に新設した「新潟・長岡データセンター」におけるデータセンターサービスの提供開始を発表した。GPUサーバーやHPC環境も収容できる高密度/高負荷対応の次世代インフラを武器に、ハウジング/ホスティングなどのサービスを展開する。


データドックのWebサイト

 昨年12月末に竣工したデータドック 新潟・長岡データセンターは、延べ床面積5396㎡、500ラックが収容可能な建屋(第1期時点。第2期で1500ラック増設予定)に、雪氷と外気を活用したハイブリッド冷房システム活用したハイブリッド冷房システムを採用し、PUE 1.19(設計値)を実現する省エネ型データセンター。同社によると、従来の都市型データセンターと比較して38%の消費電力削減を実現している。

 1ラックあたり最大30kVAの電力供給能力、3.0トン/㎡の床耐荷重性能を持ち、GPU搭載サーバーやHPC環境といった、近年ニーズが高まっている高密度/高負荷IT環境の収容にも対応する。

 また、長岡~東京(大手町)間を100Gbps、長岡~大阪(堂島)間を10Gbpsの高速なIPバックボーンで接続しており、大容量データも高速伝送できる環境となっている。なおこれらの専用線は、異キャリア/異ルートのメイン/バックアップ回線で冗長化されており、企業拠点からのマルチキャリア接続に対応している。

 ハウジングサービスは1ラックあたり初期費用10万円、月額16万5000円から。ホスティングサービスは初期費用8万5000円、月額3万6000円(Standardプラン)から。またDR対策に利用できるストレージサービスは初期費用5万円、月額3万5000円(1TB)から。

 データドックでは、今回のサービス提供を通じて、2018年度末に20億円の売上を目標とすると述べている。

■関連サイト



カテゴリートップへ




Related Post