AMD、RyzenとEPYCのSpectre対策を今週中に提供へ GPUには影響なし



ニュース

» 2018年01月12日 12時25分 公開



AMDがプロセッサ脆弱性「Spectre」の対策状況を説明した。「Ryzen」と「EPYC」は今週中に、古いプロセッサについては向う数週間中に更新を提供する計画。「Meltdown」の影響はないとしている。


[佐藤由紀子,ITmedia]


 米AMDは1月11日(現地時間)、年初に発覚したプロセッサの脆弱性「Spectre」対策について説明した。同社のプロセッサ「Ryzen」と「EPYC」のオプションコード更新を“今週中に”顧客およびパートナー企業に提供開始する。

 amd 1

 それ以外のプロセッサの更新は向う数週間中に提供を開始する計画。

 これらの更新はエンドユーザーではなく、PCやサーバメーカー、OS提供企業に提供されるものなので、エンドユーザーはそれらを反映した製品のアップデートを待つことになる。

 Microsoftの対策更新でAMDの古いプロセッサ(Opteron、Athlon、Turion X2)搭載端末の一部が起動しなくなった問題にも触れ、現在この問題を解決するためにMicrosoftと協力しており、来週までにMicrosoftがこれらの古いプロセッサ向けのパッチを提供するだろうと説明した。

 なお、もう1つの脆弱性「Meltdown」は同社製品に影響しないとしている。また、GPUの「Radeon」も、「投機的実行」機能を搭載しないため、SpectreおよびMeltdownの影響は受けないという。

 これらの脆弱性についての各社の対策状況については、「Meltdown and Spectre」サイトにリンクがまとまっている。


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:adid, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:render } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);

Related Post