「AIoT革命」は2018年の本命?–IT相場の行方は



今日のポイント

  1. 2018年もITセクターの強気相場が続くのか
  2. IT業界の躍動を示すCES盛況とテック・パルス指数
  3. 米IT業界の予想利益の高成長ペースは衰えず
  4. 国内では東証上場の「AIoT関連銘柄」に引き続き注目

 これら4点について楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

2018年もITセクターの強気相場が続くのか

 日経平均株価は、大発会(4日)からの3日間で大幅上昇(合計で約1085円高)をみせたが、その反動安も含めたスピード調整入りは健全な相場展開と考えられる。年初来の騰落率では、日経平均が+4.2%、TOPIXが+3.8%(11日)と、世界株式(MSCI世界株式指数)や米国株式(S&P500指数)の+2.8%(10日)に対して優勢となっている。

 こうした中、セクター(業種)別動向について、IT関連株の相対的堅調に注目したいと思う。図表1は、MSCI世界10大業種別株価指数の年初来騰落率(左図)と1年前比騰落率(右図)を降順で示している。ITセクターの株価は、「年初来」でも「1年前比」でも優勢で、10大業種ではトップ(最上位)を維持している。

 特に2018年は、「AIoT(AI+IoT=人工知能を搭載したモノのインターネット化)が第4次産業革命を進展させる」との見方が強まっている。

 新年の株式市場も、リスクの顕在化次第で株価が上下に振れる可能性はあるが、世界景気の拡大と業績見通しの改善は総じて継続していくと見込まれ、AIoT関連を中心としたITセクターの押し目は投資の好機となる可能性が高いと考えている。



図表1:世界株式のリターンと業種別株価のリターン(降順)


注:業種別リターンはMSCI世界業種別株価指数の期間騰落率
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年1月10日)

Related Post